500万下札幌ダート1000mの出目馬券

最終更新時間:2010年08月07日 12時02分43秒

No Item.

 半笑い著「当たり前なのにまだバレていない競馬で勝つためのルール」の第1章では、馬券を購入する際に重視すべき5大要素を、500万下札幌ダート1000mという条件を例にあげて説明している。重要な順に「先行力」、「調教」、「斤量」ときて、4番目に重要なのは「枠順」(ちなみに5番目は「実績」)。この「枠順」の節に以下のような記載がある。

 砂スタートのダート戦は基本的には内の1〜4枠が有利な傾向にある。
 これを証明する、衝撃的な「枠順の偏り」の事実を記しておこう。
 「500万下・札幌ダート1000m」戦では、3連複で「3番、4番の2頭軸→総流し」を1点千円ずつ買い続ければ、06〜08年まで「毎年プラス収支」を計上したうえで、トータルなんと100万円以上儲かっているのだ(編集部注:09年も原稿執筆時─8月23日時点─までの開催ではプラス収支)。

 確かに衝撃的事実だ。
 この「法則」が成り立つのなら、何も考えずにこの出目馬券を買い続けていれば、それだけで勝ち続けることができるのではないか。そう思ったのだが、札幌競馬場では近年大規模な馬場改修などは行われていないにもかかわらず、なぜか「06〜08年」と期間が切られているのが気になる。
 そこでさっそくTARGETで調べてみた。集計期間は3連複を売り始めた2002年から2009年まで。

年月日-R頭数馬場1着2着3着3連複配当点数払い戻し購入額総購入額総払戻額収支
2009/09/05-6R121096892010010000197000187900-9100
2009/08/30-6R12112610392010010000
2009/08/23-7R122115270010010000
2009/08/22-7R1298718540909000
2009/08/15-7R1210196198010010000
2009/08/09-7R12953619010010000
2009/08/08-7R1211272919010010000
2009/08/01-7R1221081576010010000
2009/07/26-7R128961485010010000
2009/07/25-7R12432131901013190010000
2009/07/19-7R121510673010010000
2009/07/18-7R112467730909000
2009/07/12-7R122111585010010000
2009/07/11-7R123415600105600010000
2009/07/05-7R123671197010010000
2009/07/04-7R12518381010010000
2009/06/28-7R114853010909000
2009/06/27-7R12361428010010000
2009/06/21-7R122125174010010000
2009/06/20-7R12856891010010000
2008/10/05-5R1269245001001000012000018530065300
2008/10/04-4R1234250010500010000
2008/09/28-4R12121011175010010000
2008/09/27-6R121265151010010000
2008/09/21-7R124651242010010000
2008/09/20-8R1231539010010000
2008/09/15-7R123911103010010000
2008/09/15-4R123482160102160010000
2008/09/06-7R12811551010010000
2008/08/31-6R12793225010010000
2008/08/23-7R12421370010010000
2008/08/17-6R12439158701015870010000
2007/09/30-7R121011416501001000096000236200140200
2007/09/22-10R128105114010010000
2007/09/22-6R118431624091624009000
2007/09/17-7R1234113370103370010000
2007/09/15-7R12526959010010000
2007/09/09-7R105766490808000
2007/09/08-7R1234124010104010010000
2007/09/01-7R1211192328010010000
2007/08/26-7R1252101567010010000
2007/08/11-7R127535450909000
2006/10/01-6R1251136390100100001290001074500945500
2006/09/30-8R1212811426010010000
2006/09/24-8R102781290808000
2006/09/23-8R10910110960707000
2006/09/18-7R1024107360808000
2006/09/10-9R117814340909000
2006/09/09-8R12318961010010000
2006/09/03-7R105142590808000
2006/09/02-7R122310437010010000
2006/09/02-2R52541790303000
2006/08/27-6R1281210623010010000
2006/08/26-7R1010784170808000
2006/08/20-7R12101189370010010000
2006/08/13-6R1137489809898009000
2006/08/12-7R127439847099847009000
2005/10/02-6R1276106920100100001550000-155000
2005/10/01-7R112539010909000
2005/09/25-7R122641123010010000
2005/09/24-9R127121162010010000
2005/09/19-7R125106207010010000
2005/09/11-7R1211110880010010000
2005/09/10-8R12912114010010000
2005/09/04-7R12214309010010000
2005/09/03-7R128111894010010000
2005/09/03-5R129122820909000
2005/08/28-6R1121111040909000
2005/08/27-7R119510700909000
2005/08/21-6R123115108010010000
2005/08/20-8R125633314010010000
2005/08/14-7R123119298010010000
2005/08/13-6R1111191390909000
2004/10/03-6R12512338401001000014900082500-66500
2004/10/02-8R123847720107720010000
2004/09/26-7R1224353010530010000
2004/09/25-8R1210352006010010000
2004/09/20-7R1262381010010000
2004/09/12-7R127129316010010000
2004/09/11-8R12358180010010000
2004/09/04-7R1210811491010010000
2004/09/04-4R1210125492010010000
2004/08/29-7R12107111860909000
2004/08/28-6R12674132010010000
2004/08/22-6R1213106556010010000
2004/08/21-8R123723003010010000
2004/08/15-6R12211398010010000
2004/08/14-7R12610118214010010000
2003/10/05-7R128952080909000138000401200263200
2003/10/04-7R124512133010010000
2003/09/28-7R127812810010010000
2003/09/27-7R121035155010010000
2003/09/21-7R123106371010010000
2003/09/20-8R12121192086010010000
2003/09/14-7R12946592010010000
2003/09/07-7R122111011760010010000
2003/09/07-4R12571033819010010000
2003/09/06-6R121161692010010000
2003/08/31-7R129210378010010000
2003/08/24-6R12948627010010000
2003/08/17-7R1110344012094012009000
2003/08/16-8R127535238010010000
2002/09/29-7R12372543201001000015000018900-131100
2002/09/28-7R125431890101890010000
2002/09/22-8R1286113582010010000
2002/09/21-7R12185884010010000
2002/09/21-4R12110122957010010000
2002/09/14-7R127512205010010000
2002/09/08-7R121212722010010000
2002/09/07-7R12317615010010000
2002/09/01-7R128491451010010000
2002/08/31-7R12215102010010000
2002/08/24-6R12571304010010000
2002/08/18-6R125117143010010000
2002/08/17-4R124515668010010000
2002/08/11-7R12312101015010010000
2002/08/10-7R12387272010010000
集計期間トータル113400021865001052500

 確かに2002年から2009年のトータルでも105万円ほどのプラス収支となっているが、これはひとえに2006/8/12の7Rで98470円という高配当が的中しているからに他ならない。もしこの馬券が的中していなければ、プラスの額は67800円になってしまう。
 また、8年間の集計期間中、単年の収支でもプラスになっているのは、03年、06年、07年、08年の4年だけ。05年に至っては一度も馬券が的中しておらず、単年では15万5千円のマイナスである。
 やはり、コトはそう簡単にはいかないようだ。
 
 「当たり前なのにまだバレていない競馬で勝つためのルール」の名誉のために、第1章の最後の部分も引用しておく。

 以上、ここまでダート短距離を制する絶対的な「5大要素」を見てきたが、はっきり言って重要なのは「(1)先行力」・「(2)調教」・「(3)斤量」。
 競馬場によっては「(4)枠順」がそれなりに影響を及ぼし、「(5)実績」は「(1)先行力」〜「(4)枠順」の結果として現れる近走の同条件実績以外はあまり信用できない……というのが結論だ。

 枠順(出目)はあくまで4番目に見るべき要素であって、しかもその重要度は上位3要素よりはかなり低い、といったところか。

追記

 2010/10/04に「500万下札幌ダート1000mの出目馬券の2010年の結果」を追加。