gvamt2 プラグインのキャッシュ対応

最終更新時間:2009年12月09日 14時11分10秒

 gvamt2 プラグインがあまりに遅いので、キャッシュ対応しました。
 一度ジオコーディング(住所から緯度経度への変換)したらその結果を保存しておいて、次回以降のマップ表示の際には保存しておいた座標データを用います。表示のたびにジオコーディングしないため、表示の高速化につながりますし、ジオどすのAPIには一日あたりの呼び出し回数制限もあるため、ジオコーディングの回数を減らすことは有意義であると思います。