Go 節電 プラグイン

最終更新時間:2011年07月16日 19時31分39秒

 Googleが提供しているGo 節電 プロジェクト APIGoogle Chart APIを用いて、東京電力の最大電力供給量と予想最大消費量、電力消費量をグラフ表示する、FreeStyleWikiのプラグインを作成してみました。
 まあ、ありがちですが、時節柄ということで。

Gosetsuden プラグインの使い方

 以下のような書式で、東京電力の本日の最大電力供給量を100%とした場合の、1時間ごとの電力消費量をグラフ表示できます。本日の予想最大消費量を赤いラインで表示しています。

{{gosetsuden tokyo,400,300}}

 「tokyo」は地域電力会社名。tokyo,tohoku,kansai,kyushuに対応しています。省略するとtokyoになります。2011/09/22をもって関西電力からのデータ提供が終わりました。
 「400」はグラフの横幅(単位はピクセル)。最大値は1000。省略すると150になります。
 「300」はグラフの高さ(単位はピクセル)。最大値は1000。省略すると150になります。
 ただし、グラフの横幅X高さは300,000以下でなければなりません。これを超える値を設定すると、自動的に150X150になります。
 


最大供給量:1000万kW
予想ピーク:0万kW(0%)

 

Gosetsuden2 プラグインの使い方

 以下のような書式で、東京電力の本日の最大電力供給量を100%とした場合の、5分ごとに計測された最新の電力消費量をメーター表示できます。本日の予想最大消費量を点線で表示しています。

{{gosetsuden2 tokyo,300,180}}

 「tokyo」は地域電力会社名。tokyo,tohoku,kansai,kyushuに対応しています。省略するとtokyoになります。
 「300」はグラフの横幅(単位はピクセル)。最大値は1000。省略すると150になります。
 「200」はグラフの高さ(単位はピクセル)。最大値は1000。省略すると100になります。
 ただし、グラフの横幅X高さは300,000以下でなければなりません。これを超える値を設定すると、自動的に150X100になります。
 


最大供給量:1000万kW
予想ピーク:0万kW(0%)

 

インストール

  • 以下のファイルをダウンロードし、./plugin以下にインストールします。
  • さらに以下のモジュールを./lib以下にインストールします。

参照情報

  • Go 節電 プロジェクト API
    • 「Go 節電プロジェクトの API は、みんなの電力消費や電力会社の電気供給力の情報を取得できるオープンな API です。」とのこと。APIキー等は不要で、誰でも使えます。ありがとうございます。
  • Google Chart API入門
    • とてもわかりやすいGoogle Chart APIの使い方の解説ページ。ありがとうございます。

追記

  • 2011/07/18に、Gosetsuden2 プラグインを追加しました。
  • 2011/09/08に、地域電力会社名に対応しました。