日記/2008-9-21

坂本美雨の初恋の人は

 

Japan Promo Video - Life In Tokyo

 
 部屋の荷物の整理をしていてカセットテープを発見。そのうち一本を聞いてみると、そこには大昔エアチェックしたNHK-FMの「サウンドストリート」が録音されていた。
 こちらのページを参考に、どうやら1982年9月7日(火)放送分であるということが判明。
 当時サウンドストリート火曜日のDJは坂本龍一だったが、彼が映画「戦場のメリークリスマス」のロケでラロトンガ島へ出かけていて不在ということで、この回はピンチヒッター矢野顕子がDJを担当。この年、坂本龍一と矢野顕子は正式に結婚したばかり。矢野の言葉のはしばしから溢れ出る幸せが感じられる。
 番組の半ば、JAPANの「Life in Tokyo」をかける前に、デヴィッド・シルヴィアン、スティーブ・ジャンセンの兄弟が来日中に坂本家へも訪れたのだが、そのとき困ったことがおきた、という話を矢野が始める。

 この方々、ウワバミ兄弟、やっとイギリスへ帰りました。
 お兄様の方もそうですけど、弟様の方も、ずいぶん日本を堪能して
いったんじゃないかなあ、と思います。
 我が家にも何度か来てくれて、ずいぶん遅くまでいたり、そのまま
泊まってしまったり、しましたけど。
 なんと、この、スティーブ・ジャンセンさんにですね、うちの一人娘が、
一人娘じゃないか、長女が、一目惚れしまして、困ってるんですよねえ……。
 あれ以来、なんかね、それらしいような、写真とか、テレビなんかで
キレイめの外人の男の人が出ると、
「スティーブ!スティーブ!」
って言うのね。
「スティーブどこ?」
って。それで、もう大変なんです。
 うち来たときなんかもちゃっかり膝の上座るわ、一緒に寝ると言い出すわ、
あのー、母も、父も、どうしようかと、思っています。

 ところが、ウィキペディアの坂本美雨のエントリを見ると、

両親の友人であったバンドJAPANのボーカルデヴィッド・シルヴィアンが初恋の人。 

とある。
 あれ?これはどういうこと?と、坂本美雨のサイトを見に行くと、そこには以下のような記述が。

…初恋はDavidだが、実は"本命"は恥ずかしすぎて、
すてぃぃぶぅ、と言ってどさくさにまぎれてヒザにのり、
よくなついていたのです。
というとスティーブに失礼か!
いや、スティーブもダイスキだったんだよぅー。
気が多かったんです(汗)。

 なるほど。 
 本命のデヴィッドには恥ずかしくて近づけず、それでスティーブへ……という意識が当時2歳の彼女の中にすでにあったのか、それとももう少し後になって意識されたものなのか、わかりませんが、どっちにしても女の子はすごいですなあ。


最終更新時間:2008年09月21日 17時10分10秒