日記/2016-4-30

ゼファー魂・続続続続

 

 昨年(2015年)末、ヤマニンゼファー最後の産駒であるヤマニンアルシェの中央登録が抹消されていたことに、4ヶ月以上もたったつい先日になって、遅ればせながらようやく気づいた。
 気がかりなのは、「ゼファー魂」、「ゼファー魂・続」、「ゼファー魂・続続」、「ゼファー魂・続続続」とウォッチングしてきた、例の横断幕のこと。今まで、ヤマニンゼファー直仔と母父ヤマニンゼファーの産駒が出走する競馬場には、この「ゼファー魂」の横断幕が掲げられてきたが、ヤマニンゼファー直仔がいなくなってしまっても、あの横断幕は掲げられ続けているのか。こちらの番組で、横断幕を掲げている「東京在住の塚田さん」は「母母父になったら少しテンションは下がる」と語っていたので、直仔はいなくなっても母父の産駒がいるかぎりは掲げられるはずだが、果たしてその情熱は維持されているのか、とても気になった。
 ヤマニンアルシェ抹消に気づいた直後の週末である2016/4/10(日)の中山第4レースに、母父ヤマニンゼファーのタイトルラッシュが出走していることを探し当てた私は、とるものもとりあえず中山競馬場へ出かけることにした。
 そこで目にしたのは……

zephyr.jpg

 変わらず掲げられていた「ゼファー魂」の横断幕の勇姿だった。場所もいつも通り、地下馬道へと続くパドックの出口のすぐ脇、つまり一番最初に掲示許可を取る手続きを行ったということで、その情熱にいささかの衰えもなかったのである。
 結局、タイトルラッシュはこのレース16着だったが、ちょうどこの日、24年前の安田記念でヤマニンゼファーに騎乗し見事優勝した田中勝春騎手が1700勝をあげたことが印象に残った。
 
 2016/4/30現在、中央現役の母父ヤマニンゼファーの産駒は、以下の3頭しかいない。

馬名性齢調教師名着度数種牡馬名母名母の父名馬主名生産者名
ドナウィンディ牝2高木登 未出走フレンチデピュティメイショウマキバコヤマニンゼファー山田貢一日西牧場
ヤマニンエトフ牝3中川公成0-0-0-4ヤマニンセラフィムヤマニンロータスヤマニンゼファー土井肇廣田伉助
ヤマニンメンヒル牡7松下武士3-4-4-28スウェプトオーヴァーボードヤマニングロッシーヤマニンゼファー土井肇廣田伉助

 
 塚田さんのテンションも下がる、母母父ヤマニンゼファーの産駒にしても、以下の4頭が登録されているに過ぎない。

馬名性齢調教師名着度数種牡馬名母名母の父名馬主名生産者名
サヤネエ牝2和田雄二未出走ファルブラヴミユキアドマイヤベガ竹森幹雄辻牧場
バンタム牡3竹内正洋0-0-0-6クロフネミユキアドマイヤベガ竹森幹雄辻牧場
メープルパール牝3和田正一0-0-1-3アドマイヤオーラハニーカラースピードワールドスピードファームスピードフアーム
ドンアルフォンス牡4庄野靖志1-2-1-9ダンスインザダークドナプレミアスキャターザゴールド山田貢一日西牧場

 
 末永く掲げられ続けることを祈りつつ、今後も「ゼファー魂」を見守っていきたい。
 

関連ページ


最終更新時間:2016年04月30日 17時58分44秒